お互いホームで連勝、面白くなった日本シリーズ

2016年の日本シリーズ、広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズの対戦は第4戦を終了したところでお互い2勝2敗の五分、しかもお互いのホームで連勝となり、段々と面白くなってきました。
広島で迎えた開幕戦はファイターズ大谷、カープジョンソンと両エース同士の対決でしたが、カープの徹底した大谷対策が功を奏して5対1の快勝、第2戦はファイターズ増井、カープ野村とこれもエース級同士の対決で、中盤まで互角の戦いでしたが5回のクロスプレーを巡る中断を境にカープに勢いがつき、これも5対1の快勝となりました。
札幌に場所を写した第3戦、ファイターズは有原、そしてカープは今シーズン限りでの現役引退を表明した黒田の投げ合いとなりました、試合中盤までは黒田の完璧とも言えるピッチングでカープのペースできていましたが黒田のアクシデントからやや試合の流れがファイターズに傾き、8回にファイターズが逆転、9回にカープも追い付き延長戦に突入しましたが、10回裏、打者として出場していた大谷のサヨナラヒットでファイターズがシリーズ初勝利、そして第4戦、ファイターズ高梨、カープ岡田の先発でやはり中盤まで投手戦でしたが6回に中田、8回にレアードの一発が出てファイターズが連勝、試合を五分に戻しました。
接戦が続く日本シリーズ、今後の行方が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です