薄毛は遺伝によっても起こりうるので注意が必要

男性を悩ませる頭髪の薄毛症状にはそれを生じさせる様々な原因がつきものです。頭皮の不衛生化、食生活や生活習慣の乱れなどによって引き起こされる可能性も大きいものの、その一方で親からの遺伝によって発症してしまうケースも数多く存在します。これは果たしてどのようなメカニズムで生じるのでしょうか。

まず遺伝が原因ということはAGAの可能性が濃厚です。これは男性ホルモンと頭皮の酵素が反応して頭髪の成長サイクルを乱す物質を大量に分泌させるこの病気ですが、もともとは親から譲り受けた遺伝にこの症状を引き起こす情報が含まれています。父親から直接的に受け継ぐケースもあるものの、一般的には母方の遺伝子がこう言った症状をもたらします。そのため母親本人は男性ホルモンとの反応がないために薄毛には至りませんが、母方の祖父や母の男兄弟がもしも薄毛を発症しているならば、その遺伝を受け継いだ本人も発症のリスクが高まったと言えるでしょう。

もしもこれらの母方の男性親族が額の両サイドがM字を描くように薄毛になっていたり、あるいは頭頂部から徐々に抜け毛や薄毛が拡大している人はこのAGAの可能性が濃厚ですので、まずは専門のクリニックなどを受診することで、遺伝子検査などを実施して、AGAかどうかをはっきりとさせることができて、でとても便利です。

 
遺伝ということは前髪から薄くなってくる方が多いです。
どうすればよいのかわからないという方はこちらの前髪を増やすサイトへどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です