お互いホームで連勝、面白くなった日本シリーズ

2016年の日本シリーズ、広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズの対戦は第4戦を終了したところでお互い2勝2敗の五分、しかもお互いのホームで連勝となり、段々と面白くなってきました。
広島で迎えた開幕戦はファイターズ大谷、カープジョンソンと両エース同士の対決でしたが、カープの徹底した大谷対策が功を奏して5対1の快勝、第2戦はファイターズ増井、カープ野村とこれもエース級同士の対決で、中盤まで互角の戦いでしたが5回のクロスプレーを巡る中断を境にカープに勢いがつき、これも5対1の快勝となりました。
札幌に場所を写した第3戦、ファイターズは有原、そしてカープは今シーズン限りでの現役引退を表明した黒田の投げ合いとなりました、試合中盤までは黒田の完璧とも言えるピッチングでカープのペースできていましたが黒田のアクシデントからやや試合の流れがファイターズに傾き、8回にファイターズが逆転、9回にカープも追い付き延長戦に突入しましたが、10回裏、打者として出場していた大谷のサヨナラヒットでファイターズがシリーズ初勝利、そして第4戦、ファイターズ高梨、カープ岡田の先発でやはり中盤まで投手戦でしたが6回に中田、8回にレアードの一発が出てファイターズが連勝、試合を五分に戻しました。
接戦が続く日本シリーズ、今後の行方が楽しみです。

足利フラワーパーク

この間、栃木県足利市にあるフラワーパークに行ってきました!
今、アメジストセージが見ごろなのです。
以前から一度は行ってみたいと思っていたので、天気が良かった日に「よし!今日だ!」と思い切って行ってきました。
行ってみるとすでに夜の部ではイルミネーションをやっているようで、園内にも多くの飾りつけがしてありました。
アメジストセージはたくさん咲いていて、とてもきれいでした!
あんなに多くのアメジストセージを一度に見たことがなかったのでつい見とれてしまいました。
ラベンダー畑やひまわり畑には行ったことがあるのですが、
アメジストセージはまた違った雰囲気できれいでした!
でもやっぱり季節的に他の花は咲いていなくて、そこは残念でした…
仕方ないんですけどね…(笑)
イルミネーションが始まっているというのを知って、またイルミネーションを見にきたいなと思いました。
足利フラワーパークのイルミネーションは毎年見に行っているので、
是非今年も見に行きたいです!
毎年少しずつレベルアップしているので、今年はどうなっているのか楽しみです。
イルミネーションなんて、あっという間にもう冬なんですね~
ほんとに少し前まで暑かったのに!
季節の移り変わりは早いですね…
でも冬はクリスマスがあるので楽しみです!
一年の中で一番好きな季節です!

薄毛は遺伝によっても起こりうるので注意が必要

男性を悩ませる頭髪の薄毛症状にはそれを生じさせる様々な原因がつきものです。頭皮の不衛生化、食生活や生活習慣の乱れなどによって引き起こされる可能性も大きいものの、その一方で親からの遺伝によって発症してしまうケースも数多く存在します。これは果たしてどのようなメカニズムで生じるのでしょうか。

まず遺伝が原因ということはAGAの可能性が濃厚です。これは男性ホルモンと頭皮の酵素が反応して頭髪の成長サイクルを乱す物質を大量に分泌させるこの病気ですが、もともとは親から譲り受けた遺伝にこの症状を引き起こす情報が含まれています。父親から直接的に受け継ぐケースもあるものの、一般的には母方の遺伝子がこう言った症状をもたらします。そのため母親本人は男性ホルモンとの反応がないために薄毛には至りませんが、母方の祖父や母の男兄弟がもしも薄毛を発症しているならば、その遺伝を受け継いだ本人も発症のリスクが高まったと言えるでしょう。

もしもこれらの母方の男性親族が額の両サイドがM字を描くように薄毛になっていたり、あるいは頭頂部から徐々に抜け毛や薄毛が拡大している人はこのAGAの可能性が濃厚ですので、まずは専門のクリニックなどを受診することで、遺伝子検査などを実施して、AGAかどうかをはっきりとさせることができて、でとても便利です。

 
遺伝ということは前髪から薄くなってくる方が多いです。
どうすればよいのかわからないという方はこちらの前髪を増やすサイトへどうぞ!

映画「進撃の巨人」を見た感想

先日暇すぎてレンタルショップをフラフラしていたら準新作コーナーに実写映画版「進撃の巨人」を見つけ、そういえば話題になったけど見てなかったなあと思い借りてみました。主演は三浦春馬さん。エルヴィン団長やリヴァイ兵長は登場せず、シキシマ隊長という人が重要人物として登場します。実際見てみたらかなり原作と違っていてアニメや漫画をベースに置いてると少し混乱します。まず、エルヴィンやリヴァイの他にもライナー、アニ、クリスタなどの面々もいません。ここらへんは後のシナリオに大きく関わっていくので、前編・後編の映画では動かしにくかったんでしょうね。リヴァイ兵長はファンが多いので中途半端に実写化しなくて正解かもしれません。メイン3人はもちろん登場します。三浦さんのエレンは私はなかなかハマってたと思います。水原さんのミカサも可愛いです。ただ、しょうがないことなんですけど、黒髪のアルミンは違和感がありました。映画ではミカサの立ち位置がだいぶ変わってましたね。最初は本当に可愛らしい女の子という感じで少し違うなーって思ってたんですけど、後半の再会したところでは無機質な喋り方になっててさすが女優さんでした。前編はエレンが巨人化して戦ったところで終わり、後編で壁をふさぐところまで描かれます。巨人の映像は大迫力ですごかったです。そしてけっこうグロテスクなので一人で見る人は心して見てください。巨人の謎について、この映画の中では原因や経緯を明らかにしていましたので、原作を読んでいても意外性が多くあって面白かったです。ハンジの奇行っぷりを見事に演じた石原さとみさんはさすがでした。原作とは全く別の、パラレルでのお話と思って見れば楽しめると思います。